このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ  >  リリース情報  >  Release Notes: OTRS 5

2015年10月20日- OTRS、オープンソースのヘルプデスクとITIL®V3に準拠したITサービスマネジメント(ITSM)ソリューションの世界的リーディング・プロバイダOTRS AG から、本日、OTRS 5の安定版リリースが発表されました。

 

http://www.otrs.com/release-notes-otrs-5/

リリース詳細

リリース名:OTRS 5
リリース日時:2015年10月20日
リリースタイプ:安定版

 

新着情報

翻訳ファイルの更新。すべての翻訳者に感謝します。
電子メール通知の方法のための新しい「未フォーマット」テンプレートを追加しました。

 

OTRS 5の新機能

1.生産性

  • OTRSは現在、さまざまな種類やモバイルデバイスのサイズに使用するために最適化されています。
  • シングル選択とマルチ選択の入力フィールドは、近代化と高度な検索とフィルタリング機能(thanks to Dusan Vuckovic at Mühlbauer)提供されています。
  • 画像は今(追加のアドオンなしで、すべてのブラウザで)貼り付け、任意の場所にアプリケーションの外部からのドラッグ&ドロップ&コピーを使用して、WYSIWYGエディタにアップロード/追加することができます。
  • 改善されたチケットの通知システム。これは、独自のトリガ条件と受信者と独自のチケット通知を設定することが可能になりました。OTRSビジネスソリューション™では、通知は、SMSおよび/ または通知のWebビューを介して送達することができます。後者は、エージェントのすべての通知を保持しているOTRSで特別な画面です。このOTRSで電子メールクライアントをまったく必要とせずに使用することができます。
  • 統計は、新しいグラフィカル・ユーザ・インタフェースになりました。遥かに良いアクセスが可能であり、迅速かつ容易に素晴らしい統計情報を作成するのに役立ちます。
    • また、統計情報は新しい時間帯「四半期」と「半年間」をサポート
  • チケットズーム画面でグループアクションメニュー項目にできるようになりました。頻繁に使用されるアイテムは、画面の使用状況や透明性を向上させるために、サブメニューにグループ化することができます。
  • チケットの概要は現在、顧客企業のデータを表示することができます。(thanks to Renée Bäcker)
  • チケットプロセスTransitionAction「TicketCreate」は記事(articles)無しでチケットを作成することができます。

2.スケーラビリティ&パフォーマンス

  • 新しいOTRSデーモンは、すべての非同期および定期的なタスクを処理し、すべての以前のOTRS cronジョブを置き換えます。クラスタ環境での負荷が自動的にノードに分散されます。
  • これらのデータベース・サーバー間で負荷を分散するために、このような統計情報や全文検索などの高価な計算のための複数の読み取り専用ミラー(スレーブ)のデータベースを指定できるようになりました。

3.セキュリティ

  • 新しい二要素認証層は、ログインセキュリティを追加できます。
    • 固定ユーザー名とパスワードを入力すると、あなたの要件を満たしていない場合、あなたは今、さらに、(ワンタイム・パスワードベースの時間のためのオープンな標準使用できるRFCもGoogle認証として知られている6238)。
    • 二要素認証を有効にした後、エージェントと顧客が自分の好みに共有シークレットを追加し、すぐに彼らの選択(例えばAndroidのGoogle認証システムアプリ)の互換性のある方法で作成されたワンタイムパスワードを使用してログインを開始することができます。

4. 外部システムでの作業

  • 新しいXSLTベースGenericInterfaceマッピングモジュールは、任意の複雑なユーザー定義のデータ・マッピングを可能にします。

5. インストールおよび管理

  • 新しいOTRSコンソールはコマンドラインでの作業が簡単で楽しくできます。すべてのコマンドは、一貫したインターフェイス、有用な文書を持っていると便利に着色された出力を提供します。
  • 管理者は、ログボリュームを減らすために最小ログレベルを指定することができます。(thanks to Renée Bäcker)
  • 管理エリア内の概要画面がアクティブになり要素に集中することが容易になりました。無効なエンティティは灰色で示されます。

アップグレードのための重要事項

  • OTRS 5以前のバージョンから:
    • アップグレード後、構成が更新されるように bin/ otrs.RebuildConfig.pl を実行して下さい。そうしないとシステムが動作しない場合があります。
  • OTRS 5 Beta5から:
    • エージェントの環境設定で播種するように設定されているすべてのチケット通知に、電子メールの通知方法からチェック "がデフォルトで送信」に設定します。
  • OTRS 4.xから:詳細な手順についてはOTRS AGの管理マニュアルを御覧ください。

サポートブラウザ

  • OTRSJavaScriptを使用する必要があります。

これらのブラウザがサポートされません

  • Microsoft Internet Explorerのバージョン10以前のバージョン
  • Firefoxのバージョン10以前のバージョン
  • Safariのバージョン5以前のバージョン

私たちは、お使いのブラウザの最新バージョンを使用することをお勧めします。それらが最善のJavaScriptとレンダリング性能を持っているためです。使用ブラウザ間の劇的なパフォーマンスの多様性は、ビッグデータや、大きなシステムで発生する可能性があります。私たちはそのことであなたを相談させていただきます。

 

 

前
Release Notes: OTRS::ITSM Module 4 Patch Level 8
カテゴリートップ
リリース情報
次
Release Notes: OTRS::ITSM 4 Patch Level 5